ニュース&レポート

第1回“犬のアカデミー賞”は『アーティスト』の演技派アギーに栄冠

第1回ゴールデンカラー賞

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2月13日(月)、犬のアカデミー賞と言える、第1回ゴールデン・カラー賞(金の首輪賞)がロサンゼルスにて発表となり、映画『アーティスト』や『恋人たちのパレード』に出演するジャック・ラッセル・テリアのアギーが、最優秀「俳優犬」賞を受賞した。
第1回“犬のアカデミー賞”は『アーティスト』の演技派アギーに栄冠第1回“犬のアカデミー賞”は『アーティスト』の演技派アギーに栄冠
アカデミー賞大本命の呼び声も高い映画『アーティスト』(4/7公開)での、犬とは思えない見事な演技力が評価されている人気犬アギー。すでに同作で第64回カンヌ国際映画祭でパルムドッグ賞の栄冠に輝いており、ゴールデン・グローブ賞授賞式レッドカーペットでの愛くるしい姿も話題に。WEBサイトではアカデミー賞助演男優賞にノミネートしようという運動も展開されたほか、その後も新携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS(Nintendo 3DS)」の米国キャラクターに決定するなど、世界中の様々なメディアから引っ張りダコとなっている。

このほどアギーが受賞したのは、今年から創設された、犬のアカデミー賞と言える、「第1回ゴールデンカラー賞(金の首輪賞)」。アギーは、『アーティスト』のほかに『恋人たちのパレード』(2/25公開)でもノミネートを果たしている。

恋人たちのパレード』は、大恐慌時代の移動サーカス団を舞台にしたラブストーリーで、オスカー女優リーズ・ウィザースプーンと、同じくオスカー俳優クリストフ・ヴァルツ、人気俳優ロバート・パティンソンらと共演。本作でアギーは曲芸師の飼い犬クウィーニーとして出演しており、芸を披露するのはもちろんのこと、飼い主の側を片時も離れず、危機にあれば守ろうとする献身的な演技を披露している。

アギーは、2002年アメリカ・フロリダ生まれのジャック・ラッセル・テリア。捨て犬で殺処分されかけたところを、プロの動物トレーナーのオマー・ヴォン・ミュラーに引き取られタレント犬となった。多数の印刷広告やドッグフード、車、ビール、といった様々なテレビCMに出演し、1歳半で映画デビューを果たす。主な出演作に『ワサップ!』、ディズニーの『ライフ・イズ・ワン!ダフル』などがある。

ゴールデンカラー賞の授賞式当日は、赤い蝶ネクタイに黒いタキシードの正装で現れ、その愛くるしい姿に場内は大いに盛り上がった。アカデミー賞授賞式のオープニングでの登壇が期待されているが、授賞式を最後に俳優業の引退が発表されている。

ちなみに、第1回ゴールデン・カラー賞にノミネートされたのは、以下のとおり。
■コスモ:『人生はビギナーズ』 アーサー役
■アギー:『恋人たちのパレード』 クウィーニー役
■デンバー:『50/50 フィフティ・フィフティ』スケルター役
■ハマー:『ヤング≒アダルト』ドルチェ役
■アギー:『アーティスト
■マキリミリアン:『ヒューゴの不思議な発明』ブラッキー役
2012年2月15日