ニュース&レポート

ミニオンと怪盗グルーの始まりの物語 『ミニオンズ フィーバー』第一弾予告編が解禁

ミニオンズ フィーバー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
「怪盗グルー」シリーズなどで知られるアニメーションスタジオ、イルミネーション・エンターテインメントが贈る『ミニオンズ』最新作、『Minions: The Rise of Gru(原題)』の邦題が、映画『ミニオンズ フィーバー』(7/17公開)に決定し、第一弾予告映像が解禁された。
ミニオンと怪盗グルーの始まりの物語  『ミニオンズ フィーバー』第一弾予告編が解禁

「怪盗グルー」シリーズ、「ペット」シリーズ、『SING/シング』、『グリンチ』といった人気アニメーション作品を世に送り出しているイルミネーション・エンターテインメント。

2010年『怪盗グルーの月泥棒』から始まった、主人公グルーとバナナが大好きな相棒のミニオンたちを中心に物語が展開する「怪盗グルー」シリーズは、ミニオンたちがグルーと出会うまでの話にフォーカスが当てられた2015年公開のスピンオフ作品『ミニオンズ』で、日本での興行収入が52億円を記録。2017年の『怪盗グルーのミニオン大脱走』で興行収入73億円を稼ぎ出すメガヒット超大作へと大成長し、今や”ミニオン”は絶大な人気を誇るキャラクターとして世界中で愛されている。

『ミニオンズ』最新作では、最強最悪のボスに仕えることが生きがいのミニオンたちが、なぜ悪党になることを夢見るひとりの少年、グルーをボスに選んだのかが描かれる。その答えはなんと、1970年代に隠されていた!

解禁された映像では、前作で大活躍したケビン、スチュアート、ボブの3人のミニオンたちが、遂に少年グルーと対面し、悪巧みに励む様子が映し出される。超個性的な悪党チーム”ビシャス・シックス”、そしてチョンと立った髪の毛と、笑うとちらりと覗く歯列矯正がキュートな新ミニオン”オットー”も登場し、物語はハチャメチャな大騒動に展開していく。

2020年2月25日