サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

杏・映画初主演で、老人だらけのアマチュア・オーケストラの指揮者に!『オケ老人!』映画化

オケ老人!

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『ちょんまげぷりん』『探検隊の栄光』など著作の映像化が相次いでいる注目作家・荒木源の「オケ老人!」が、杏主演で映画化されることが決定。杏は本作で映画初主演を果たし、初のバイオリン演奏にも挑戦する。
杏・映画初主演で、老人だらけのアマチュア・オーケストラの指揮者に!『オケ老人!』映画化
梅が岡高校に赴任してきた数学教師の小山千鶴は、着任早々地元の文化会館でのアマチュアオーケストラの演奏を聴き、入団を決意する。しかし勘違いからエリート集団の「梅が岡フィルハーモニー」ではなく、老人ばかりのオケ「梅が岡交響楽団」に入団することに…。

予想以上のダメダメ振りに、抜け出そうと奔走する千鶴だが、なんだかんだと辞められず、ついには「梅響」で指揮棒を振るはめに。そんなとき、フランスから世界最高と言われる指揮者が来日し「梅フィル」を指揮することになる。紆余曲折を経て成長していくパワフルな老人たちと千鶴。「梅響」と「梅フィル」という二つのアマチュア・オーケストラの対立はそのまま彼らの背景にある商店街と大型電器店との確執につながり、加えて、ライバル同士の男女間に芽生えるロミジュリ張りの恋物語も絡んで大騒動が起きていく…。

主人公・小山千鶴には、名実共に若手人気女優ナンバーワンの杏。NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の主演で大ブレイクし、続く民放連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」シリーズで不正と闘うヒロインを好演、CX月9ドラマ「デート」でもコメディエンヌ本領発揮の魅力ある演技で話題を呼んだ杏が、本作で映画初主演を飾る。

実は、原作では男性が主人公の本作。「主人公を女性に書き換えようという発想が生まれた瞬間、全員が思い描いたのが杏さんでした。彼女の底抜けに明るい笑顔と伸びやかな四肢を活かしてタクトを振る姿こそが老人達を叱咤激励していける唯一無二の存在であると確信したとき、この映画は動き出したのです」とプロデューサーの前田氏が語る通り、この映画に杏が及ぼす影響は大きい。

今回の役どころは、かなり上級のアマチュア・オーケストラのバイオリン部に参加するという設定で、そのために杏自身も多忙なスケジュールを縫って、撮影に入る半年以上前から人生初のバイオリンの練習を始めた。その上達ぶりは一回目のレッスンからバイオリン指導者を驚かせ、通常なら2~3年かかる基本的なボーイング(弓の扱い)に始まる演奏の基礎をわずか一ヶ月で覚えてしまったという。

10月8日にクランクインした本作は、11月までの撮影を経て、2016年に公開予定。

主演・杏 コメント

楽器演奏に指揮に初チャレンジの多い作品ですが、愛すべきキャラクターが沢山いる原作です。
本読みをしただけで笑いと涙が出てきました。
初、主演という言葉は重いですが、人生の大先輩方のお力を借りて、頑張りたいと思います!

監督・細川徹 コメント

初稿を書いたのが、4年前。あれから回を重ねて、いくつもの偶然も重なり、時間をかけたからこそ生まれたアイデアもたくさんあり、4年かかったから、主役の杏さんをはじめ、最高のキャストが揃ったのだと、今、撮るべき映画だったんだなと思います。
杏さんは様々な素敵な作品を拝見していましたが、実際、お会いしてみると、作品の魅力もさることながら、ご本人の魅力がすごく大きいんだと実感しました。そんな杏さんと仕事ができるのが最高に楽しみです。他のキャストの方々も衣装合わせやリハーサルから笑いが絶えません。おもしろくなる気しかしない最高のキャスティングです。そんなジャンルはないけど、老人音楽モノの最高峰となるでしょう。お楽しみにしてください!

原作・荒木源 コメント

「オケ老人たちの音楽が本当に聞こえてきたら――。映画化を心待ちにしていました。可愛くてカッコいい最高のキャストを得て、素晴らしい作品になることを確信しています

2015年10月13日
『オケ老人!』
2016年11月11日(金)より全国ロードショー