ニュース&レポート

貞子の正体は橋本愛!美しさが、さらなる恐怖を誘う『貞子3D』

貞子3D

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
映画『リング』シリーズの完全最新作にして、“日本映画史上、最強の3D”と言われる映画『貞子3D』。明日の公開初日を前に、これまで伏せられていた貞子役の女優が発表され、『告白』の橋本愛が演じていることが明らかになった。
貞子の正体は橋本愛!美しさが、さらなる恐怖を誘う『貞子3D』

これまで、木村多江、仲間由紀恵など、後に大物となる女優が演じてきた最恐キャラクターの貞子。今回の貞子を演じるのは、『告白』で注目を集め、『HOME 愛しの座敷わらし』『Another アナザー』など話題作への出演が続く、人気急上昇中の若手女優・橋本愛。

『リング』シリーズでは、「見た人が死ぬ」というビデオが、今作ではウェブサイト上の動画となって呪いが拡散される。物語は、復活を目論みクラウド上をさまよう貞子が、憑依するのにふさわしい人間を見つけた時、スマホやパソコンなどあらゆるモニターから飛び出しその人間を追い続ける。そしてクライマックスでついに姿を現した貞子は、世間が思うおぞましい姿ではなく、見たこともないほど可憐で美しい少女。人々を恐怖のどん底に陥れてきた貞子のイメージとは異なり、その美しさに息を呑むこと必至だ。

今回の貞子役を「ちゃんとした怖い役は初めて」だという橋本。抜擢された時の感想を「何故か「またか」と思っちゃったし全然抵抗もなかったです。なんだか貞子ちゃんが人気者になっちゃってて、ほんと、すみません、私で。みたいな気持ちです」と、謙虚ながらもすんなりと受け入れたようで、「自分の演じた役がみなさんに好かれてるっていうのはすごく嬉しいです。貞子ちゃんは私も憎めないから。貴重な体験させていただいてありがとうございました」とコメント。さらに本作のキャンペーンで、高校生の鑑賞料金が1000円になったことから、「同世代の人達がたくさん劇場に来てくれることを願っています」とメッセージを寄せている。
2012年5月11日
『貞子3D』
2012年5月12日(土) 角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.sadako3d.jp