サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

椎名林檎が杉浦日向子の世界を歌いあげる!新録「最果てが見たい」が『百日紅』主題歌に決定

百日紅 ~Miss HOKUSAI~

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
杉浦日向子の原作を、『河童のクゥと夏休み』『カラフル』の原恵一監督がアニメ映画化、女優・杏が声優を務める映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』(5/9公開)の主題歌が、椎名林檎の「最果てが見たい」に決定し、予告編が公開された。
椎名林檎が杉浦日向子の世界を歌いあげる!新録「最果てが見たい」が『百日紅』主題歌に決定
映画『百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~』は、天才浮世絵師・お栄が父・葛飾北斎や妹、仲間たちとともに自由闊達に生きる姿が、江戸の四季をとおして描かれる浮世エンターテインメント。主人公・お栄を演じる杏や、北斎を演じる松重豊をはじめ日本を代表する超豪華キャスト&一流スタッフが結集していることでも話題だ。

今回の主題歌は、原作者・杉浦日向子が、椎名林檎の曲もよく聴いていたという話から、『百日紅~Miss HOKUSAI~』の世界観にも通じると考え原恵一監督が主題歌をオファー。椎名は以前に石川さゆりに提供した楽曲「最果てが見たい」を自身がカヴァーした新録曲を主題歌として監督に提案した。

その理由として「この曲は、富士を望む東海道で生まれたナンバーで、大胆かつ繊細な映画のアニメーションを拝見して僭越ながら好相性なのではと感じた次第です」と、主題歌決定の経緯を話した。監督はこの曲を聴いて、「椎名さんの持つロックな要素と歌詞が映画に合うと感じた」と自身が思い描いたイメージ通りだった事に満足していた。椎名はこの映画のためにセルフカバーとして新たに収録。映画のラストを飾るにふさわしい、凛とした力強さに満ち溢れる伸びやかな歌声で見事に歌いあげている。

椎名が映画主題歌を提供するのは、『さくらん』以来8年ぶり。この楽曲は、5月13日(水)に全世界同時配信リリースが決定。既に映画はフランス、イギリスをはじめとし世界での配給が決定。主題歌決定とともに映画もさらに、未だ見ぬ世界への広がりを予感させる。



『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』およびその主題歌について


この度はありがとうございました。銘作へ参加させていただき光栄です。
“最果てが⾒たい” は、富⼠を望む東海道で⽣まれたナンバーです。大胆かつ繊細な映画のアニメーションを拝⾒して、僭越ながら「好相性なのでは」と、感じた次第です。
それから、このナンバーをはじめに唄ってくださった⽯川さゆり⼥史は、『百⽇紅』の原作者で居られる杉浦⽇向⼦先生と奇しくも同じ年のお生まれです。そんなそこはかとないご縁を感じさせる詞曲を、今回は敢えて江⼾前/渋好みに仕上げたつもりです。
ほんとうにおしゃれな杉浦先生がいま、どこかからか⾒張ってくださっていると想像しながらもどうしても、⽣きてご覧いただきたかった・・いちどでも、お会いしてお話させていただきたかった・・と、感じ、淋しさに襲われます。が、この曲の詞にある、「⽣命を越えて本当の未踏の地へ」向かうということ。それは、素敵だったどなたかが、もしもいま、まだお元気でいらしたら、何を⾒て何を思い、何を目指していらっしゃるだろう。それを考え、恥じ、省み、やっぱり⽣きることなのだと思い⾄るのでした。
出会い、別れ、⽣きて死ぬ。そんな我々のための映画です。みなさんの⼈⽣のどこかにきっと、寄り添ってくれますように。草々
椎名林檎
2015年4月10日
『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』
2015年5月9日(土)全国公開