ニュース&レポート

石井岳龍の“おとぎ話”『シャニダールの花』、綾野剛と黒木華ダブル主演で2013年公開

シャニダールの花

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『狂い咲サンダーロード』『爆裂都市 Burst City』などジャンルを超越した世界観で世界中で熱狂的な支持を受ける石井岳龍の最新作『シャニダールの花』。本作で綾野剛と黒木華がダブル主演を務めることが明らかになった。
石井岳龍の“おとぎ話”『シャニダールの花』、綾野剛と黒木華ダブル主演で2013年公開

2012年に10年ぶりの長編新作『生きてるものはいないのか』を発表し、健在ぶりを見せつけた石井岳龍監督。本作『シャニダールの花』は、石井岳龍が「石井聰亙」の時代から温め続けた渾身の企画で、“人間に花が咲く”というただならぬ夢をモチーフに「花」と「人間」の関係を問いかける、怖くて美しい現代のおとぎ話。

極めて少数の女性の皮膚に現れる、見たこともない美しい花。満開時の花びらから採取された成分が、画期的な新薬の開発につながるため、製薬会社は花の提供者を全面的にケアする特殊施設【シャニダール】を発足させていた。響子(黒木華)は、その施設で研究者として働く大瀧(綾野剛)の下、提供者のケアの業務に就く。しかし、シャニダールに入居している提供者たちに少しづつ異変が起き始め…。

「この映画を体験した後には、いつもの花がまったく違うものに見えてくる。そんな映画にしたい。そしてこの映画は愛についてのささやかな問いかけでもあります」と石井監督。主演には、2013年大河ドラマ『八重の桜』の出演を控え、今年は『ヘルタースケルター』『るろうに剣心』『新しい靴を買わなくちゃ』など、数々の話題作に立て続けに登場し、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの綾野剛。ダブル主演には、昨年『東京オアシス』でスクリーンデビューし、NHKの「純と愛」や映画『舟を編む』に出演する黒木華。

出演者について石井監督は、「綾野君は、エッジの効いた独特の存在感や役への没入感の深さに感心していて、以前からとても気になっていた俳優さんなので、今回、がっつり組んで良い仕事が出来きたと思うので嬉しいです。黒木さんは素朴な天然さが今回の役にぴったりだと感じ、お願いしました。今の日本にもこんな古典的な女優さんがいるとは驚きです」と話し、「他の俳優さんとも初めての仕事でしたが、それぞれの存在がとても興味深く、短い付き合いながら充実感にあふれました。彼らの、静かで、印象的な演技のぶつかり合いは「花」と共にこの作品の最大の見どころです」とコメント。

綾野は、「ただただ、忘れもしません。「始動、怖い、不安、それでも懸命に挑み続けよう。」クランクアップした瞬間、脳裏に溢れたのは、初日の監督の言葉でした。同時に、黒木華さんを初め、女性キャストの瑞々しい確かな力に、各部署のただならぬ集中力と緊張感に支えられ、最後まで大瀧賢治で立ち続ける事ができました。参加出来た事、大変興奮し感謝しています。石井岳龍組。静かな狂気」と石井ワールドを言いあらわしている。

黒木は、綾野の印象を「凄く感覚的な方だと思いました。反射的というか、瞬時にリアクションを返してくださって、綾野さんのおかげで、楽しみながら安心して現場にいられたのだと思います」と語り、石井組での仕事を、「最初は凄く不安でしたが、石井監督とお会いして一緒に作っていく日々の中で、監督の魅力に引き込まれる毎日でした。監督自身が明確なイメージをもっていて、それを確実に表現するスタッフや、役者がいる。この組で今まで経験したことのない空気感だったり、素に近い演技をすることの難しさを体験できたと思います。ストーリーはもちろんですが、衣装、美術、映像、全てがスタイリッシュで石井監督だからこそ、作れた映画だと思います」とコメント。

このほか本作には、『告白』でデビューし『中学生円山』劇場版『鈴木先生』などの話題作に出演が続く刈谷友衣子、映画『莫逆ファミリア』やNTTドコモのCMなどの山下リオのなどのフレッシュな顔ぶれに伊藤歩、古舘寛治などの実力派が参加している。

『シャニダールの花』
監督:石井岳龍 
出演:綾野剛 黒木華  刈谷友衣子 山下リオ  古舘寛治  伊藤歩 
配給:ファントム・フィルム  
(C) 2012「シャニダールの花」製作委員会
2013年、全国ロードショー

2012年11月5日
『シャニダールの花』
2013年7月20日(土)テアトル新宿ほかロードショー
公式サイト:http://shanidar-hana.com/