ニュース&レポート

岡田将生×濱田岳×深田恭子 『偉大なる、しゅららぼん』予告編&ポスタービジュアル完成

偉大なる、しゅららぼん

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『プリンセス・トヨトミ』の万城目学の同名小説を原作に、岡田将生、濱田岳のW主演、ヒロインを深田恭子がつとめる映画『偉大なる、しゅららぼん』の予告編&ポスタービジュアルが完成した。
岡田将生×濱田岳×深田恭子 『偉大なる、しゅららぼん』予告編&ポスタービジュアル完成
琵琶湖畔の街で、代々不思議な力を伝承してきた一族・日出家の本家に、力の修業のため分家の涼介がやってきた。生きる伝説と呼ばれる本家跡取りの淡十郎は涼介に、自分と揃いのオートクチュールの赤い制服を着せ振り回し、いつしか、「殿」と「供」の関係に…。ある日、淡十郎の失恋をきっかけに、不思議な力を持つもう一つの一族であり、1300年にわたり日出とライバル関係にある棗(なつめ)一家と、ぶつかりあう。この小さな失恋の腹いせがきっかけとなり、世界を滅ぼす大事件が勃発する…。

『プリンセス・トヨトミ』『鴨川ホルモー』等、奇想天外なストーリーと軽快な語り口で次々にベストセラーを生み出してきた作家・万城目学。その世界観は≪マキメ・ワールド≫と称され、著書が次々に映画化・ドラマ化されてきた。そして、2014年、「デビュー作の頃の荒々しさを取り戻したい」と挑んだ意欲作『偉大なる、しゅららぼん』が、遂に満を持して映画化。

日出本家の跡取りで、高校生ながら現代の「殿」であり生きる伝説と言われる日出淡十郎(ひのでたんじゅうろう)役の濱田岳、力の修行のため本家に居候する「供の者」・日出涼介(ひのでりょうすけ)役の岡田将生が、それぞれの持ち味を活かした役柄でW主演。そして、淡十郎の姉で引きこもりの毒舌女王に深田恭子、棗家の跡取りに渡辺大、涼介の“力の師匠”に貫地谷しほり、そのほか、佐野史郎、髙田延彦、田口浩正、大野いと、柏木ひなた(私立恵比寿中学)、津川雅彦、笹野高史、村上弘明といった個性派俳優たちが、唯一無二のキャラクターを痛快に演じる。

2013年11月29日
『偉大なる、しゅららぼん』
2014年3月8日(土) 全国ロードショー