ニュース&レポート

メリル・ストリープは父親似?老けメイクの自分にビックリ『マーガレット・サッチャー』来日記者会見

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
本年度アカデミー賞で主演女優賞を獲得したメリル・ストリープが、受賞作『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(3/16公開)のPRのため来日。フィリダ・ロイド監督とともに都内ホテルで行われた記者会見に出席した。
メリル・ストリープは父親似?老け顔メイクの自分にビックリ『マーガレット・サッチャー』来日記者会見

本作は、“鉄の女”のニックネームをもつ英国史上初の女性首相マーガレット・サッチャーの半生を描いたドラマ。メリル・ストリープが、サッチャーの若い時から晩年までを演じ、第84回アカデミー賞で主演女優賞を獲得。29年ぶり3個目のオスカー像を手にした。

自身が演じたマーガレット・サッチャーの魅力を「たとえ首相になっても女らしさを失わなかった」と語ったメリル。続けて、「政治家であり男社会で生きる中、女らしさを捨てたいとは思ったんじゃないでしょうか。ハンドバックやキラキラしたブラウスを着て女らしさを保っていましたが、涙や笑いなど女の弱々しいところは許さなかったので、「鉄の女」と呼ばれたんでしょうね」と分析した。

メリル・ストリープは父親似?老けメイクの自分にビックリ『マーガレット・サッチャー』来日記者会見メリル・ストリープは父親似?老けメイクの自分にビックリ『マーガレット・サッチャー』来日記者会見
役作りに関しては、「私はアメリカ人ですから英国ということですでにアウトサイダーなんです。サッチャーは、愛され、憎まれた女性。お歳をめされてからや彼女の日常を知らないので、この二つを融合するのが難しかったわ」と苦労を振り返りつつも、「実在の人物を演じるには、正確で真実に近い役作りをしていきました。観た人が彼女の人生に自分を重ね合わせられるように演じたかった。自分自身の親の世代のことを学ぶ素晴らしい機会を持つこともできました」とコメントした。

また、本作はアカデミー賞でメイクアップ賞も受賞。サッチャーの40年の歳月を体現したメイクについてメリルは、「初めてサッチャーになった自分の顔を見た時は、知った人がいる!と思ったわ(笑)父とサッチャーさんを足したような…」と笑わせたほか、映画の題材にちなみ、野田首相に対してのアドバイスを求められると、「演技に関するアドバイスは私に言って(笑)」と、さらりとかわす場面も。

最後にメリルは、「日本に来れて嬉しいです。何度も訪れたい国です。たくさんの人がこの作品を楽しんでもらえることを望んでいます」。フィリダ・ロイド監督も、「世界中の人に届く普遍性のある作品を作りたいと思いました。また老齢をとることについての映画です。ぜひ見て何かを感じとっていただければと思います」とメッセージを送った。

会見では、映画の大ヒットを祈願して鏡びらきも実施。樽に指を入れてお酒の味見をするなど興奮気味のメリルに、集まった約300名の報道陣が魅了された。
2012年3月8日
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
2012年3月16日(金)、TOHOシネマズ日劇 ほか全国ロードショー
公式サイト:http://ironlady.gaga.ne.jp