サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

宮崎あおい&向井理、大阪で『きいろいゾウ』舞台挨拶。本田望結サンタもサプライズ登場

きいろいゾウ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
宮崎あおいと向井理が共演する映画『きいろいゾウ』の先行プレミア上映が23日(日)、大阪ステーションシティシネマにて行われ、主演の宮崎あおいと向井理が舞台挨拶に登場。劇中で宮崎の子供時代を演じた本田望結がサンタクロース姿でサプライズ登壇した。
宮崎あおい&向井理、大阪で『きいろいゾウ』舞台挨拶。本田望結サンタもサプライズ登場

映画『きいろいゾウ』は、西加奈子のロングセラー小説を、宮崎あおいと向井理が共演、『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一監督がメガホンをとり映画化した感動のラブストーリー。

原作の帯に「いつか、この小説の「ツマ」役を演じてみたいです。」と寄せていた宮崎は、「とても大好きな原作で、この作品のなかに入れたことをとても光栄に思います。心を込めて作った作品なので、好きでいてくれたらいいなと思います」と挨拶。「ツマ」役を演じるにあたり、「ちょっと変わってる印象があったので、自分で切っちゃった前髪みたいなかんじで、前髪を切りました」と語り、「順撮りだったので、(ストーリーにあわせて前髪が)どんどん短くなるんです。後半になると立つくらいになっていて、2回目にご覧になるかたはそこも観て下さい」とアピールした。

共演した向井については、「シュッとされていて隙がないイメージがあったのですが、ムコとツマとして時間を共有している間は、ムコさんになってぼーっとしているんです。だから隙のある人なんだなと思って面白かったです」とコメント。向井もまた宮崎を「面白い人ですよ。鼻歌うたってるし、変な絵を描いているし」と明かし、「会話は少なかった方だと思うんですけど、お互いに自分たちのテリトリーをこわさない、いい距離感を保っていた。本番の時も本番じゃないときも、ずっと同じテンションでいられて、とてもやりやすく、居心地が良かったです」とコメントした。

この日は、クリスマス間近ということで、劇中で「ツマ」の子供時代を演じた本田望結がサンタクロース姿でサプライズ登場し、ふたりに直筆の似顔絵をプレゼントした。この似顔絵を見た宮崎は、「わたしは目が離れていて、魚顔だって自称しているんですけど、ちゃんと目が離れているのですっごい嬉しいです!」。向井は、「すごいねぇ、ほんまに書いたんやねぇ。くせっ毛で髪がはねてるところとか良く見てるね。髪質がそっくり。ちゃんと手を前に組んでる。そんなかっこうしてるよねー(笑)」と、それぞれ絶賛した。

最後に向井は映画について、「登場人物がとても少なく、人物設定も判りやすいですが、とてもこだわりのある映画になっています。前半のゆるい雰囲気と、後半のとがったカットと、いろんな要素がつめこまれた映画になっていると思います」とアピール。宮崎も、「自分が大切だと思う人と向き合うことは、もちろん幸せな部分もたくさんあるけど、痛い部分も必ずついてくる。でもそれと一生懸命向き合おうとする夫婦の物語だと思います。是非みなさんでこの作品を広めていってほしい」と、客席にメッセージを送った。
2012年12月25日
『きいろいゾウ』
2012年2月2日(土)“夫婦の日”より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー