ニュース&レポート

剛力彩芽、12歳下のボーイフレンドを「すごく可愛がっちゃいます!」 アニメ映画で鈴木福とカップルに!

マクダルのカンフーようちえん

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
日本×香港×中国合作、中国では記録的大ヒットとなったアニメ映画『マクダルのカンフーようちえん』が、今夏より日本で公開!本作の主人公の声優に人気子役・鈴木福、ヒロインに剛力彩芽が決定し、2ショットでアフレコ収録が行われた。
剛力彩芽、12歳下のボーイフレンドを「すごく可愛がっちゃいます!」 アニメ映画で鈴木福とカップルに!

香港の著名な作家、アリス・マクによる「マクダル」シリーズは、香港の下町を舞台に、幼稚園児であるこぶたの「マクダル」と、シングルマザーである「ミセス・マク」の日常生活を、ほのぼのとした笑いと少しの風刺をきかせて描いた物語。2001年に公開された映画第1作『マイ・ライフ・アズ・マクダル』は、「アヌシー国際アニメーション映画祭」でグランプリを受賞。最新作である『マクダルのカンフーようちえん』は、(株)セガが参加し、日本、香港、中国合作で製作され、中国で1200万ドルを超える大ヒットとなった。

剛力彩芽、12歳下のボーイフレンドを「すごく可愛がっちゃいます!」 アニメ映画で鈴木福とカップルに!
今作で主人公マクダルを演じる鈴木福は、声優としては初の単独主演。アフレコ収録を終え、「ちょっと難しかったです。マクダルはアリも踏めないくらい優しい男の子。話し方も僕よりゆっくりなので、いつもよりゆっくり、ニコニコで話すようにしました」と、お人好しで素直な子ぶたを、立派につとめあげた様子。

マクダルのガールフレンド、子牛のメイを演じ、初ヒロインに挑戦する剛力彩芽は、「普段、表情や動きを付けてお芝居しているので、声だけで表現するのは本当に難しいですね。でも楽しかったです!メイちゃんは幼稚園生なので、子供らしく可愛く、素直で純粋なままを演じようと心がけました」と振り返り、声優初挑戦の感想を、「嬉しかったです。声優にもすごく興味があったので、新しいスタート、新しい道だなと思って頑張りました」。また、マクダルは映画公開にあわせ、タレントとしてオスカープロモーションに所属するが、“先輩”となる剛力は、「後輩として可愛がってあげたい、一緒に遊びたいですね」とコメントした。

初共演となる2人は、同じ申(さる)年生まれで12歳差。劇中ではカップルを演じるが、剛力は鈴木の印象を、「本当に可愛いんですよ。イメージ通り、福くんの空気感に癒されて、吸い込まれる感じでした。小さい頃に戻った気持ちになって、楽しかったです。今まで一回り年上の方とお仕事する機会はあっても、年下の方は経験がなかったのですごく驚きました。こんな12歳下のボーイフレンドがいたら、すごく可愛がっちゃいますね!」と大喜び。鈴木は照れながら「嬉しいです…」と答えた。

最後に映画について鈴木は、「マクダルが可愛くて、笑える映画で、とても面白いので、みんなに観てほしいです」とPR。剛力も、「親子で、家族で、友達、誰と観に行っても、みんなで楽しめる映画です。セリフもちょっとシュールだったり、笑えたり、子供だけでなく大人も楽しめるお話で、とても面白いです!映像もすごく可愛らしいので、ぜひ注目して観てほしいです」と語った。
2012年3月9日
『マクダルのカンフーようちえん』
2012年8月11日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー!
公式サイト:http://www.mcdull.jp/