サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

日米バイオレンス映画の巨匠 三池崇史監督×ジョージ・ミラー監督 夢の対談が実現

極道大戦争 / マッドマックス 怒りのデス・ロード

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
オーストラリアからハリウッド映画の頂点まで昇りつめたジョージ・ミラーと、日本から世界に挑み続ける三池崇史。エンターテイメント性と作家性を併せ持ち、映画にこだわり続ける〈映画屋〉2人の初対談が実現した。
日米バイオレンス映画の巨匠 三池崇史監督×ジョージ・ミラー監督 夢の対談が実現

奇しくも、今年の第56回カンヌ国際映画祭に新作が出品された2人。伝説のヴァイオレンス・アクションシリーズが30年ぶりに復活したミラー監督の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、文字通り全編にわたってノンストップでアクションが展開する超大作。一方、ヤクザ・ヴァンパイアの壮絶な戦いが繰り広げられる三池監督の『極道大戦争』は、監督デビューから4半世紀を経て原点となる“Vシネマ・スピリッツ”を甦らせたアクション大作だ。

共に超低予算アクション映画からキャリアをスタートさせた2人が、原点回帰となるアクションにこだわり抜いた新作をメジャー大作として完成させ、6月20日に同日公開される。

「若いころにすごく影響を受けた」という『マッドマックス』シリーズ直撃世代の三池監督は、『マッドマックス』新作について「今回マックスを演じたトム・ハーディにしか出せない空気、カッコよさが出ているなと思いました。『座頭市』みたいな日本映画的美学を持っていて、それは監督やハーディの《マックスってなんだ?》という疑問への答えなんだと思います。ため息が漏れました」と絶賛を惜しまない。

対談の席に現れたミラー監督は、三池監督が手にしたマッドマックス仕様にカスタマイズされたカエルのぬいぐるみに興味津々。実はこれは『極道大戦争』に登場する〈現代の怪物にして世界最強のテロリスト〉と呼ばれるキャラクター。ミラー監督から「なんて名前だ、コイツは?」と尋ねられた三池監督が「“KAERUくん”です」と紹介すると、「ミスター・フロッグ!? ファンタスティック!!」と、すっかり気に入った様子。

『ベイブ/都会に行く』『ハッピーフィート』などで子ブタやペンギンを主人公に映画を作ってきたミラー監督の「ミスター・フロッグのアイデアはどこから生まれたんだ?」という質問に三池監督が「日本には“ゆるキャラ”というのがありまして……」と、KAERUくんの原点となったゆるキャラの説明を始める一幕も。

こうして和気あいあいと始まった対談では、長年のキャリアを重ねてきた監督同士による、映画との戦い方について熱い言葉が交わされた。

ジョージ・ミラー監督+三池崇史監督 対談


──実は『マッドマックス 怒りのデスロード』と『極道大戦争』は同じ6月20日に公開されるんです。
GM:なに、本当か?
三池:はい、『マッドマックス』の影に隠れて公開されます(笑)。


──『極道大戦争』は三池監督が久々に原点回帰したアクション映画です。
GM:私と一緒だな!
三池:本当はトム・ハーディと一緒に仕事をする予定だったのですが、クランクイン直前に彼の都合でできなくなって、自分のスケジュールが空いたんです。それで、何かやろうと思って作ったのが『極道大戦争』です。
GM:どうりで、ミスター・フロッグがトム・ハーディに似てると思ったよ(笑)。

三池:今年のカンヌ映画祭で『マッドマックス』がワールドプレミアで上映されましたよね?『極道大戦争』もカンヌの監督週間で上映されたんです。やっぱり常に僕の映画は『マッドマックス』の影にいるなと思って(笑)。
GM:カンヌは楽しかったかい?
三池:今回は新作を撮っていたので行けなかったんです。それで、せっかく来ていただいたお客さんへのお詫びに、僕が着物を着て女装したカードを配ったんです(と、カードを見せる)。
GM:これは映画の中で三池監督が演じた役かい?
三池:いえ、僕は出てないんですが、せっかく集まってもらった皆さんに、すいませんという気持ちをこめて作ったんです。
GM:……とってもキレイだよ(一同爆笑)。

三池:僕は若いころジョージ・ミラーさんにすごく影響を受けたので、今回、こういう場を設けてもらって、とても光栄に思っています。『マッドマックス』シリーズのファンだった自分が今、こうしてミラーさんとお会いして、マックスを演じたトム・ハーディとも仕事の打ち合わせをしていた。そんな繋がりが生まれるのが、映画の持つ力だと感じています。
GM:そう、新たに『マッドマックス』を作ったおかげで、三池監督をはじめ世界中のフィルムメーカーから嬉しい言葉をもらえた。私もいい作品に出会うと非常にエネルギーをもらえる。この映画が皆さんからそういう言葉をもらえる作品になったのが、本当に嬉しいね。
三池:作品そのものも非常に楽しんだし、最高に興奮したんですが、同時に僕ら映画を作る人間からすると、『マッドマックス』を観てしまうと、世界中の映画人は物を作れない理由を状況のせいにできなくなったなと思ったんです。「作るか、作らないかだけ。それはアナタの問題だ」と、ミラーさんからエネルギーをがんと突きつけられたような気がしました。
GM:1週間前にスティーブン・スピルバーグから電話をもらって、今、三池監督が言ってくれたようなことを彼もすごく興奮しながら言ってたんだ。私もスピルバーグをはじめロバート・ロドリゲスやJ・J・エイブラムスといったアメリカのフィルムメーカーからエネルギーをもらって、もっと映画を作りたいという気持ちになったからな。
三池:ただ、最近の僕は、最初に映画を撮りだした頃の情熱はまだあるつもりなのですが、自然と湧いてくるわけじゃなくて(笑)、自分で自分を焚き付けないといけなくなっているところがあるんです。
GM:映画を作り始めたときは、みんな熱意と情熱だけだったからな!
三池:そうなんです。今回の『マッドマックス』を観て、これから映画を続けるには、辞めるか原点に戻ってもう一回ゼロからやるか覚悟しなきゃいけないと思いました。

三池:ところで、映画の中で、この演出は僕にもできるっていうのが一つだけありました。
GM:どこだい?
三池:(頭の後ろに手をやって鉄仮面を取り外そうとする仕草をしながら)カシャカシャカシャってやつです。
GM:ハハハハ!!!
三池:トム・ハーディが装着させられた鉄仮面を外そうといつも手を動かしているのは、脚本にも書かれていたんですか?
GM:そう、はじめからあった設定なんだ。とにかくマックスは自由になるために脱出しようとしているので、あの顔を覆う仮面が相応しいと思ったんだ。
三池:あれはヤスリさえあれば僕の映画でもできる(笑)。あれ以外は、とても自分には撮れないと思いました。
GM:三池監督なら他のシーンも撮れるさ!


固い握手を交わして対談を終えた三池監督は、ミラー監督の印象を「KAERUくんのことを聞いてきたり、好奇心の塊みたいな人でした。そのエネルギーがすごいなと思いましたね。自然体でカッコいい人ですよ」と言う。

これまでもハリウッドで企画を検討してきた三池監督にとって、オーストラリアからハリウッドへと進出して成功をおさめ、そして今、再び『マッドマックス』を撮ったミラー監督の存在は、どう映ったのだろう?「日本と違って、ハリウッドで監督していくのは作品をプロデュースしていく力が重要なんですよね。いろんな人間たちを選んで良い仕事をさせる環境を作るというのが監督にも求められる。バジェットが広がれば広がるほど、その能力が重要なんだろうなと思います。ミラーさんみたいにクレバーじゃないとできない。それで『マッドマックス』を作るんだから、狂気を感じますよ(笑)」

全く異なる土壌から生まれながら奇妙な因縁を感じさせる2人の〈映画屋〉の原点回帰。そして、ここから新たな映画の始まりも予感させる『マッドマックス』と『極道大戦争』。同日に公開される2本の映画は、間違いなく世界で最もマッドなアクションが凝縮された映画の進化形になりそうだ。


写真:金井尭子
2015年6月19日
『極道大戦争』
2015年6月20日(土)TOHOシネマズ 新宿 ほか全国ロードショー