ニュース&レポート

石原さとみ、橋本愛が『貞子3D』初日舞台挨拶。海外配給決定に国際派女優、貞子も大喜び

貞子3D

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
5月12日(土)、映画『リング』シリーズの完全最新作『貞子3D』が初日を迎え、主演の石原さとみをはじめ、瀬戸康史、山本裕典、田山涼成、貞子役の橋本愛と“リアル貞子”、英勉監督、そしてサプライズで原作者の鈴木光司が舞台挨拶に登壇。海外配給が決定したことも伝えられた。
石原さとみ、橋本愛が『貞子3D』初日舞台挨拶。海外配給決定に国際派女優、貞子も大喜び

角川シネマ新宿の初回上映の舞台挨拶に登壇したゲストたち。主演の石原は、「朝から貞子に会いに来てくれてありがとう!やっとこの日を迎えられて嬉しいです」と挨拶。「貞子さんもたくさん宣伝を頑張ってくれたので、是非みなさん楽しんでいただけると嬉しいです」と、公開までさまざまなイベントで宣伝活動をした“リアル貞子”をねぎらいながら作品をアピールした。

石原演じる茜の恋人役の瀬戸は、「僕の役は、実は今までの「リング」シリーズにも登場しているんです!」と明かしながら、「いろいろと秘密も抱えていたりするので、それを踏まえて観ていただけるとまた違った観方ができると思います」とアドバイス。

貞子を演じた橋本は、「かなりヘビーな役を演じさせていただきました(笑)。ラストしか登場しませんが、ぜひお楽しみに」。さらに、「私が演じた貞子は可憐な少女です。怖がらせるのはリアル貞子さんなので、私をみても驚いたり怖がったりしないでくださいね(笑)」と念押しして会場を笑わせた。

続いて、貞子の復活を目論む謎の男・柏田を演じた山本は、「正直、冒頭部分は俺のPVかってくらい(笑)。ビジュアルにもかなりこだわって撮影した初めての悪役です。新しい自分を観ていただけると思うので、期待してください」とアピール。刑事役の田山は「怖いだけじゃない、エンターテイメントな作品に仕上がっていますのでぜひ、お楽しみに!」。監督は、「現場でも本格的に3Dメガネを使って撮影しました。貞子に触れられそうなほど飛び出すので楽しんでいただけると嬉しいです」と話した。

舞台挨拶では、本作の海外配給が決定したことも発表され、サプライズでの報告に客席はもちろんキャスト陣も驚き、「嬉しいです!行きたいですね!」と石原。貞子も相当に嬉しかったようで、思わず石原に抱きつくという一幕も。しかし、自分はすでに『ザ・リング』でハリウッドデビューし、既に“国際派女優”であることをアピール。そんな貞子のお茶目なキャラクターに、会場は爆笑の渦に包まれた。

さらに、サプライズゲストとして本作の原作者・鈴木光司も急きょ舞台に登場。「映画は怖いだけじゃない面白い作品に仕上がっていると思います!明日の生きる力にしてください!」と本作への熱い思いをコメントし、大ヒットを祈願した。
2012年5月12日
『貞子3D』
2012年5月12日(土) 角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.sadako3d.jp