ニュース&レポート

綾野剛、モントリオール映画祭でも高評価!『シャニダールの花』石井岳龍監督舞台挨拶

シャニダールの花

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
8月22日(木)より開催されているモントリオール世界映画祭で、フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に出品された綾野剛主演の映画『シャニダールの花』が上映され、8月24日(土)(日本時間25日)、石井岳龍監督が現地で舞台挨拶を行った。
綾野剛、モントリオール映画祭でも高評価!『シャニダールの花』石井岳龍監督舞台挨拶

石井監督の本映画祭への訪問は、『逆噴射家族』の舞台挨拶以来28年ぶり。滞在は2日間とタイトスなケジュールだったが、野外上映されている『007 スカイフォール』や地元メディアや海外の監督との交流を楽しんだ。また、綾野の主演作が海外映画祭へ招待されるのは初めてのこと。綾野は『ガッチャマン』の初日と重なったため渡航は叶わなかったが、「新たな世界で新たな眼差しで、観ていただけると思うと感謝しかありません。海外の皆様の脳内が石井監督の映画でどのように侵食されていくのか、楽しみです」とコメントを寄せた。

上映後の舞台挨拶では、次々と観客から質問が飛び交い、予定時間をオーバーするほど。観客からは、「とても美しく花を描いているにも関わらず、音楽は激しいサウンドで、どこか恐ろしさも匂わせているように感じました。監督にとって、花とはどういう存在ですか?」という質問に対して、「私にとって花は、美しいと同時に、とても怖い存在でもあります。というのは、花というのは人間や動物のように、何かを行動的に主張することなく、ただそこに”在る”だけなので、多くの人にとっては、それが人間より弱者として、認識されてしまう。でも、本当にそうだろうか?人間は進化したと言われていますが、遥か昔から存在する植物の方がずっと生命力にあふれるものだと思うんです。この投げかけを観客の皆さんにしたかった」

また、若い女性からは、「主演の男性がとてもよかったが、彼を起用した理由は?」という質問があがり、石井監督は、「彼はとてもスマートで、かつミステリアスな影と色気を持つ、今日本で最も人気がある俳優さん。撮影現場で、綾野さんの演技に対するアプローチはもちろんのこと、様々なプロモーションの場において、彼の語る言葉にも助けられたと思う」と語り、映画祭での観客の反応を受け、改めて綾野とのコラボレーションを振り返った。
2013年8月26日
『シャニダールの花』
2013年7月20日(土)テアトル新宿ほかロードショー
公式サイト:http://shanidar-hana.com/