ニュース&レポート

第29回東京国際映画祭が開幕 安倍首相、メリル・ストリープと対面し「心に残る台詞」伝える

第29回東京国際映画祭

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
10月25日(火)、六本木ヒルズ・アリーナにて第29回東京国際映画祭が開幕し、国内外から多数のゲストが登場。オープニングセレモニーにはメリル・ストリープ、松山ケンイチと東出昌大、フェスティバルミューズの黒木華、そして安倍晋三内閣総理大臣が登壇した。
第29回東京国際映画祭が開幕 安倍首相、メリル・ストリープと対面し「心に残る台詞」伝える

アリーナに敷かれた全長100mのレッドカーペット。トップバッターには、今年のフェスティバル・ミューズを務める黒木華が、艶やかな振り袖姿で登場。黒木を皮切りに、ゲストが次々とカーペットを彩り、国内外のマスコミと観客で埋め尽くされたアリーナは熱気に包まれた。

舞台上でのセレモニーでは、黒木華、クロージング作品『聖の青春』より、紋付き袴に身を包んだ松山ケンイチと東出昌大、タキシード姿の森義隆監督、オープニング作品『マダム・フローレンス!夢みるふたり』主演のメリル・ストリープが、日本をイメージして選んだという鶴があしらわれたバレンティノのドレスで登壇。そしてスペシャルゲストとして安倍晋三首相が登壇した。

安倍首相は、はじめに「世界の名女優であるメリル・ストリープさんにお越しいただきました。ありがとうございます」とコメント。続けて「この作品では自分が音痴と気づかないソプラノ歌手を演じているかと思いますが、わたしはこれまでメリルさんが出演されている作品をたくさん拝見してきました」と明かし、「その中でも『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』が最も印象に残っていまして、その中の台詞、”I have done battle every single day of my life.”(=私が戦わなかった日など一日たりともありません)この台詞が今だに心に残っています」。また『聖の青春』についても「難病と闘いながら羽生善治さんを追い詰め、29歳という若さでこの世を去った村山聖さんをすばらしい役作りをして演じた松山さん、羽生さんの仕草を一つ一つを研究し、魂が乗り移ったかのような東出さんの名演技を楽しんでいだたきたい」と両作品についてコメント。最後に「実在の人物の感動的な物語、その人生をこの名優たちが凝縮した演技で魅せています。是非みなさん作品を楽しんでください」とメッセージを寄せた。

また、松山は「僕自身大ファンのハリウッドの名女優メリル・ストリープさんと日本を代表する“安倍マリオ”……いえ、安倍首相とこのステージに立つことが出来まして、本当に光栄です」とコメントし、会場は笑いに包まれた。

レッドカーペットイベント終了後、EXシアターにて行われたオープニングセレモニーには、安倍首相の挨拶と今年の審査委員の紹介後、メリル・ストリープの舞台挨拶も行われた。メリルは、「大好きな東京に再び来られた」と喜び、今年のオープニング作品に選ばれたことを「大きな名誉だと感じています。できれば最後まで映画祭に残りすべての作品を観たいのですが、残念ながら、アメリカに戻って新しい大統領が生まれる瞬間を見届けなければいけません」と笑顔で答え、会場は大きな笑いに包まれた。

この日の開幕イベントでは、国内外からおよそ380名のゲストがレッドカーペットを歩き、757名のマスコミ陣と約1,200名の観客が参加。11月3日(木・祝)まで行われる映画祭では、計204本の作品が上映される。
2016年10月26日