サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

岸谷五朗、深田恭子『夜明けの街で』初日を祝いブルーのカクテルで乾杯

夜明けの街で

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
東野圭吾のベストセラーを映画化した『夜明けの街で』が10月8日(土)に初日を迎え、角川シネマ新宿での舞台挨拶に、岸谷五朗、深田恭子、萬田久子、中村雅俊ら出演者と若松節朗監督が登壇した。
岸谷五朗、深田恭子『夜明けの街で』初日を祝いブルーのカクテルで乾杯

映画『夜明けの街で』は、幸せな家庭と会社での安定した地位に恵まれた主人公が、ミステリアスなヒロインと出会い、甘く残酷な不倫の恋に溺れてゆくさまを描いたサスペンス・ドラマ。ミステリーの巨匠・東野圭吾が初めて「恋愛」をテーマに執筆したことで話題を呼び、累計200万部を突破したベストセラーをもとにしている。

本作の主人公を演じた岸谷は、「普通のラブストーリーだったら、“愛する”ということにどっぷり浸かれますが、今回は愛人と奥さんの間で、自分の愛を天秤にかけなければいけなかった…。二人の女性の間で揺れ動く役を演じるのはすごく辛かったですね。普通のサラリーマンが秋葉というミステリアスな女性に惹かれ、その魅力にはまっていくということを表現することが一番大事だと思ったので、繊細な心の動きや、普通である、ということに気をつけて演じました」と、役作りの苦労を振り返った。

一方、岸谷演じる渡部の不倫相手・秋葉を演じた深田は、「男性からみれば、秋葉はミステリアスで素敵な女性に映るのかも知れませんが、実は、不自由恋愛ということや、秋葉という女性に対してはなかなか共感することが出来なかったんです。監督にもたくさん助けていただいたからこそ、秋葉を演じきることが出来ました」と語った。

初日舞台挨拶で初めて、本作の撮影エピソードを披露したのが、中村雅俊と萬田久子。萬田は、撮影を振り返り、「短いシーンでの表現は大変でした。監督に身も心も任せて演じさせて頂きました」とコメント。さらに、「人を愛するにはエネルギーが必要なこと」という大人な女性ならではの意見も。対して中村は、「人間の本性は怖いと思いました。瞬間瞬間で出てくる部分が怖くもあり、もろくもあり…そういった内面を面白く描いている作品だと思います」と語った。

また、「目の前に秋葉のような魅力的な女性が実際にあらわれたら?」という質問に、男性陣はタジタジ。言葉を濁しながらも、岸谷は、「家に帰ってドアを開けた瞬間、そんな女性が目の前にいたら思わずもう一度ドアを閉めてしまいますね(笑)」。中村や監督が回答に苦戦している様子をみて、深田は「楽しそうですね」と笑顔を見せ、会場は笑いに包まれた。

最後に若松監督は、これから映画を鑑賞する観客に向けて、「岸谷さんと深田さんが横浜の街で繰り広げるラブストーリー、中村さんと萬田さんによって生み出されていくサスペンス。この映画を観て、もう一度恋をしたい、と思ってもらえるように作りました。繊細な心の動き、微妙な表情の変化など、細かい部分も楽しんでいただけると思います。だんだん、色男になっていく渡部や、妻、有美子がいつ旦那の不倫に気付いたのかなども見応えありです!!」とメッセージ。そして、この日のためにオリジナルレシピで作られた鮮やかなブルーのカクテルで、観客と登壇者ともに初日を祝い乾杯した。
2011年10月11日
『夜明けの街で』
2011年10月8日(土)全国ロードショー!!