サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

岸谷五朗、愛人・深田恭子と妻・木村多江からの誕生日プレゼントに冷や汗…

夜明けの街で

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
人気作家・東野圭吾のベストセラーを映画化した『夜明けの街で』の完成披露試写会が27日(火)、映画の舞台となった横浜で開催され、岸谷五朗、深田恭子、木村多江、若松節朗監督、そしてエンディングテーマを歌う久保田利伸が舞台挨拶に登壇した。
岸谷五朗、愛人・深田恭子と妻・木村多江からの誕生日プレゼントに冷や汗…『夜明けの街で』完成披露試写会

この日のイベントでは、キャストの登壇前に、久保田利伸がサプライズで登場し、エンディングテーマ曲「声にできない」を披露。歌い終わると同時にキャストと監督が客席からレッドカーペット上に現れ、大きな拍手で迎えられた。

横浜を舞台にした本作について、主人公の渡部を演じた岸谷は、「(渡部は)仕事も家族も東京なので、横浜に少し虚構の世界を求めるんです。横浜にはそれにぴったりの夜景と海があり、演技の面でも助けられました」。渡部の不倫相手・秋葉役の深田は、「(横浜は)恋人たちが特別な気持ちになれる街。楽しいイメージですが、その中でも大桟橋はポツンと孤独感を感じる場所で、とても不思議な魅力がありました」と話した。一方、貞淑な妻・有美子を演じた木村は、「まさか、旦那さんの浮気の現場(横浜)でレッドカーペットを踏むとは…」と話し、会場の笑いを誘った。

映画の撮影は、岸谷と木村、岸谷と深田という組み合わせで進行したため、深田と木村が現場で顔を合わせることはなかったという。木村は、「私のほうが撮影が先だったので、いかに幸せに演じるかによって、五朗さんがその後苦しむのか分かっていたので、楽しく楽しく五郎さんに尽くしまくり、いたぶるように演じさせて頂きました」とニコニコ顔。そんな監督の作戦と木村の演技が功を奏したようで、岸谷は「苦しかったです」と、ため息混じりに振り返った。

岸谷五朗、愛人・深田恭子と妻・木村多江からの誕生日プレゼントに冷や汗…『夜明けの街で』完成披露試写会
また、この日は岸谷の誕生日ということで、「47ちゃいになりました」とおどけて笑わせた岸谷だが、深田が「ケーキを用意しました…」と切り出すと、木村も後ろから「あの…、わたくしも用意いたしました」。不倫相手と本妻からの同時プレゼントを前に頭を抱えた岸谷は、「どっちを?」と聞かれ、「映画ではものすごく苦しんだので、今日はふたつとも持って帰ります」と話し、苦笑いを浮かべた。
2011年9月28日
『夜明けの街で』
2011年10月8日(土)全国ロードショー!!